橘美由紀|占星術・タロットカウンセリング

占術家:橘 美由紀のサイトです。 占星術とタロットカードを使ってライフアドバイスをしています。

f:id:astrotarot:20201103024958j:plain

【 タロットカードについて 】

 

f:id:astrotarot:20201129230654j:plain

 

 

TAROT
潜在意識にアクセスする

 

 

皆さんは、「タロットカード」をご存知ですか?
タロットカードとは、ある質問に対してその時に出たカードの偶然性によって占う「卜術(ぼくじゅつ)」と呼ばれる占術の一つです。

 

偶然性とは言っても、そこにはカードを取り扱う扱う人間と質問者の無意識や潜在意識、また質問者を取り巻く人々の無意識や潜在意識までもが、カードを展開するその瞬間、互いに作用し合い、その共鳴作用によって引き出されたものがカードの絵柄となって表現されます。

 

タロットカードとは、目に見えていない事柄や、潜在的な事柄を引き出すものであり、自分自身の中にある無意識・潜在意識と交信するための道具です

 

タロットカードを使って見えないものを感知するのは、他ならぬ私達自身であり、私達の中にある潜在的な部分が感応するのです

 

タロットカードは、22枚の「大アルカナ」と呼ばれるカードと、56枚の「小アルカナ」と呼ばれるカードの合計78枚のカードから成り立っています。

 

これらのカードは、私達の過去からつながる今の現状を認識し、今変えるべき現状があるならばどのようなことなのか、またどうすればそれを変えていくことができるかなどを導き出すのに役立ちます

 

タロットカードは、その発祥の起源も、何のために作られたのかさえも、実はいまだに確かな事は分かっていません。

 

でも、このカードが初めは未来を読んだり心の中を探るために作られたものではなかったとしても、タロットカードは過去において、その時代の様々な研究家達の研究対象となってきたのは事実です。

 

特に「大アルカナ」は、カバラの哲学思想における「生命の樹」との対応によって解釈がなされてきたり、錬金術における「賢者の石」の精製過程になぞらえて考えられてきました。現在もその流れを汲みつつ、タロットカードの研究は続いています。

 

「タロットカード」という存在に感じるもの、やはりその根底にあるのは、このカードが人間の意識の成長過程や魂の成長過程を象徴的に表現したものであり、私達人間が向かうべき先を導いてくれるものではないかということです

 

タロットカードを使って、自分自身の心の内側に目を向け、自分自身を発見し、人間として成熟していこうとする過程は、私達が自分自身の望む人生を築き上げていくうえで、とても有意義な試みであると感じています。

 

皆さんもぜひ、タロットカードを通して、自分自身の心の中や潜在意識とのつながり、そして宇宙とのつながりを感じてみて下さい。

HOMEへ戻る



プライバシーポリシー
© 2021 miyukitachibana.com